個別指導塾のデメリット

強みが弱みになることも

個別指導塾は、先生に対して生徒が一人、または二人程度の指導となります。授業内容やカリキュラムをオーダーメイドできるところが強みとなり、生徒の習熟度に合わせて授業が進められるため、生徒の理解度に合わないということが起こりにくいのが特徴です。わからないところや苦手なところを徹底的に教えてもらえるからです。ただその強みが弱みになることもあり、理解度に合わせて授業を行うことで進度が遅くなってしまうこともあります。理解度に合わせて授業を進めていった結果、目標の受験までに間に合わないということが起こっては意味がありません。一方で集団指導の場合は1年を通したカリキュラムになっているため進度が遅れることはありません。

先生の質にばらつきがあることも

個別指導塾は先生に対して生徒の数が少ないため、費用面で高くなる傾向があるのもデメリットです。最近は、個別指導塾でも費用が安いところが増えてきましたが、大学生のアルバイトを先生として雇っている場合も多いです。もちろん腕のある大学生もいますが、しっかりと研修などが行われていないと先生の質にばらつきが出てきます。授業における質の管理をきちんとしている個別指導塾でないと、目的が果たせないということも起こりうるのです。個別指導塾なのに費用が安いから、といった理由で決めてしまうのは危険です。選ぶときには、アルバイトであっても研修制度を設け、質の高い指導を受けられるかどうかをチェックすることがおすすめです。