個別指導塾の選び方

マンツーマンか一対複数か

学校以外の教育サービスとして、塾にするか家庭教師にするかの選択がありました。塾が一対多の教育に対して家庭教師は一対一、つまりはマンツーマンで教えてもらえます。どちらにもメリットとデメリットがあり、選ぶのに悩む人もいるかもしれません。その中間的な教育サービスとして個別指導塾があります。塾のように生徒は今日いつに通いますが、一般的な塾のように一対多での教育ではありません。選び方としては、完全マンツーマンを選べるかどうかでしょう。マンツーマンであれば、よりじっくり先生から教えてもらえます。塾によっては先生一人に対して生徒を二人から五人くらい見るところもあります。料金は完全マンツーマンの方が高くなり、一対複数は安めになります。

先生を指名したり固定されるか

個別指導塾は、少ない生徒に対して先生が担当する仕組みになっています。一般的な塾に比べると先生の数が多く、それなりに運営も大変になるかもしれません。多くの先生がいると、どうしても自分に合う先生もいれば合わない先生もいます。又、日によって担当してくれる先生が違うなどもあるでしょう。個別指導塾を選ぶとき、先生を指名できるかどうかがあります。人気のある先生だと多くの人が指名したいので利用するのが難しくなるでしょうが、制度として取り入れてくれるところなら合う先生についてもらいやすくなります。指名でなくても、基本的に先生を固定してくれるところなども良いかもしれません。毎回同じ先生であれば、質問などもしやすくなります。