集団塾の場合

複数の学生が一同に集まって、教室で講師の話を聞くという一番スタンダードなスタイル。馴染み深い事もあり、多くの塾がこの方式を採用しています。ここでは、そのスタイルのメリット、デメリット、ならではの強みなどを説明していきます。

集団塾のメリット

多くの集団塾には、塾生専用の自習室が用意されています。自習室はどこでも朝早くから夜まで自由に使える上、空調設備も完備しているため、授業時間外にも、騒音に邪魔されずに長時間集中して自習ができます。ま…

集団塾のデメリット

集団塾は、個別塾と比較して費用が安いため、多くの教科を受講できるなど、一見メリットが多いように見えます。しかし、集団塾にもデメリットはあります。しっかりと確認して塾を選んでいきましょう。まずは、人…

学習塾でレベルの高い勉強を行う

学習塾は、学校よりワンランク上の応用編の授業で学べる場合もあるので、偏差値が高い上位校に行きたい場合は週2回か3回通うと良いでしょう。

集団塾の選び方

目的に合った教育が受けられるか

学校の授業だけで勉強がうまくできない時、別途教育サービスを利用した方がいいかもしれません。家庭教師などに比べて安く利用できるのが塾です。最近は個別指導塾が出てきたので、これまでの塾は集団塾といわれるときもあります。近所に少ししかないなら選びようがないですが、いくつかのタイプがあるならその中から選ぶ必要があります。まずあるのは進学をメインにした塾です。難関学校への入学を目指す生徒を受け入れるタイプで、入塾するには選抜試験などを受ける必要があります。厳しい教育を受けますが、その分難関学校への合格が近くなります。それ以外には定期テスト対策をメインにした塾があります。進学タイプに比べると教育内容は易しく、アットホームな環境で勉強ができます。

規模が大きいところと小さいところ

少子化が進むと教育産業もどんどん縮小するのではないかといわれていました。でも学習塾に関してはどんどん市場が広がっているといわれています。かつては学習塾を利用する生徒は一部でしたが、今は多くの生徒が利用するようになっています。適齢期の子供を持つ親はどんな学習塾を選べばいいか悩むかもしれません。タイプとしては、まずは比較的規模の多いところがあります。全国展開をしているところもあれば、その地域で多くの教室を持っているところがあります。規模が大きいところだと、安定した教育が受けられるメリットがあります。それ以外には個人運営や地元を中心に小さい規模で展開しているところがあります。利用料金があまり高くないのがメリットになるでしょう。

個別指導塾の場合

集団塾と対を成すのが、この個別指導塾。人が多い集団塾と比べて先生との距離が近いこの方式は、集団塾と比べてまた違うメリット、デメリット、そして強みや良さがあります。ここではそれらについて紹介していきます。

個別指導塾のメリット

個別指導塾のデメリット

個別指導塾の選び方